紫外線が瞳以外に害をなす話

 

わたしの悩みはおでこの深いシワです。

 

ちりめんジワももちろん気になりますが、笑ったりしなくても目立つようになってきた深いシワはやはりかなり気になります。

 

プチ整形でもしようかと思うほど悩んでいましたが、待てよと。

整形で何万も掛けるなら、その前に、できることがあるんじゃないかと。

 

色々と試していみようと思いました。

 

まず、紫外線を徹底的に避けることから始めました。

 

それまでの私はどちらかと言うと紫外線には無頓着なほうで、夏場の紫外線がキツくなる前までは、全然紫外線対策をせずに出歩くこともザラでした。

 

ですが、その悪習慣をまずやめて、紫外線対策の日焼け止めは、せめて顔だけは、きちんとすることに。

一年中、日焼け止めの下地を使うことにしたんです。

 

日焼け止めは肌に負担がかかるものを使うのをやめて、オーガニックのものに変えました。

私が使っているのが、WELEDAの日焼け止めです。

 

これは一度使うと手放せません。

とにかく肌に優しく、下地効果も高いです。

 

 

これは今Amazonで安く買うようにしています。定期購入するとお得ですよ。

 

これを使うようになってからというもの、あまり日焼けをしないようになりました。

 

あと、外出して、外を歩く時はなるべく、大きめのサングラスをするということです。

 

真夏とか関係なくサングラスを掛けるというのは、日本人にはあまり馴染みのないことですが、海外では当たり前のことです。

 

それは欧米人の瞳の色に関係があり、黄色人種の様に目の色が黒くないので紫外線の害が大きくなるのでサングラスで目を保護しているのです。

この紫外線が目に与える影響は欧米では深刻で、アメリカでは白内障になる人の数が日本人の倍にもなるそうですよ。

 

日本人はそれほどサングラスをかけている人はみませんが、目元の深いシワをできるだけ作りたくないなら、サングラスは必須ですね。

 深いシワの原因